忍者ブログ

前向きに生きて行きたいものです。いや、生きて行きましょう!

何かいい事起こりそう

   

「マー君吠えるな」に星野監督吠えた「立派な個性」…楽天

楽天・星野仙一監督(64)が18日、田中将大投手(23)の「雄たけび」を擁護した。14日の沢村賞の選考委員会から、田中らの派手なガッツポーズなどにクレームがついたことに反論。「個性と個性がぶつかり合うからおもろいんやないか!」とぶった斬った。

 元祖「燃える男」は黙っていられなかった。沢村賞の選考会で土橋委員長らを中心として、田中とダルビッシュに「マウンドでほえまくるのはマナー面でいい影響を与えない」と注文がついた。これに対し、「個性がないという時代に、立派な個性やないか。ああやって感情を出すピッチャーがいるからこそ、淡々と抑えるピッチャーも際立つ」と持論を展開した。

 自身も現役時代は「強い巨人を倒すためには、魂を込めて投げるしかなかった」とマウンド上では感情を爆発させ、ファンに愛された。74年に沢村賞に輝いた経験も持つだけに「マサヒロ(田中)は本当にいい子。あいつがガッツポーズをするのを見て、嫌な気持ちがする人はいないはず。選考委員のじいさまたちは、何か小言を言わないと気が済まないんだろ」という言葉に重みがあった。

 闘将は12球団最速で田中を来季の開幕投手に指名済み。「マサヒロはオレなんかと比べるのが失礼なぐらい、すごいピッチャー」と大きな期待を寄せるからこそ、何も気兼ねもなく、マウンドに上がってほしいという親心だった。


・・・まったくだ!!!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

忍者アナライズ

コガネモチ

Copyright ©  -- 何かいい事起こりそう --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]